学部・大学院概要

起源と沿革

一橋大学の歴史は、1875年(明治8年)、森有禮が東京銀座尾張町に私塾として開設した「商法講習所」に始まる。設立にあたって森に協力したのは、渋沢栄一、益田孝、富田鉄之助、福地源一郎ら在京の財界人で、見識と知識を備えた実業人を養成することが急務であるという点において、意見を同じくしていた。

「商法講習所」の「商法」とは、法律の商法のことではなく、商業の「方法・手法」のことである。(法律の商法ができるのは、ずっと後のことである)。設立時から「習字、筆算、読書」は「三事」として重視され、簿記、商品、英語、商業数学などとともに、早くから、政治経済学や商業史などの科目もみられた。
商法講習所は、その後、「高等商業学校」(1887年)、東京商科大学(1920年)などと名称を変え、第二次世界大戦後の1949年に「一橋大学」となり、現在に至っている。この間、メインキャンパスの所在地も、神田一ツ橋(1885年~)を経て、関東大震災を機に1930年から国立へと移った。

現在の経営学修士コースは、1996年発足の「商学研究科・修士専修コース」に起源を持つ。そして2000年に商学部が大学院商学研究科へと組織替えされるのを機に、改めて、高度な専門的職業人の養成をその使命に、カリキュラムの整備やコースの理念を明確にしたものである。経営学修士コースは、今日のビジネスの方法を教えるという点においても、広い視野や見識をめざすという点においても、商法講習所の後継者である。