学部・大学院概要

大学院商学研究科 経営学修士コースポリシー

大学院商学研究科修士課程経営学修士コースディプロマポリシー(学位授与の方針)

1875年に「商法講習所」として開設された一橋大学は,その前身である東京高等商業学校・東京商科大学の時代から,客観的な分析力と深い思考力を備えた高度専門職業人を数多く送り出してきました。

大学院商学研究科修士課程経営学修士コースは,その伝統を受け継いで,企業経営に関わる高度な専門知識と分析能力を備え,企業経営の中核として指導的役割を果たすことのできる人材の育成を目的としています。本コースにおける集中的な学習を通じて理論・実務にわたる幅広い知識と深い洞察力を身につけることによって,修了後は,優れた企業・事業のあり方を創造的に構想・実現できる経営管理者として,また高度な専門知識や分析を駆使して社会に貢献できる専門職として,国内外で活躍していくことが期待されます。

大学院商学研究科修士課程経営学修士コースカリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

一橋大学大学院商学研究科修士課程経営学修士コースでは,企業経営に関わる基本的な考え方を幅広く学習するとともに,現実の世界で生じる問題について深く考察して創造的な解決策を提案するための思考力を養成することに重点を置いています。

本コースでは,ベースとなる「コア科目」を選択必修とするとともに,より専門的な内容や先端的な領域を学ぶための応用科目として「選択科目」を提供し,企業経営を考える上で重要となる科目を体系的に配置しています。「コア科目」は,経営戦略,経営組織,財務会計,経営哲学,企業データ分析等の科目から構成されています。「選択科目」は,技術戦略,人材マネジメント等の科目から構成されています。これらの講義科目では,企業経営の諸問題を考える上で必要となる基礎的な理論を学ぶと同時に,ケース・ディスカッションやデータ分析をはじめとする手法を通じて,現実の世界と理論的な考え方を有機的に関連づけることで,実際の企業経営に応用して展開できる能力を習得していきます。

本コースでは,「読む・書く・考える」というプロセスを集中的に繰り返すことを重視して,現実の世界で生じる問題の考察に必要とされる思考力を高めることも目指しています。その中心となるのが1年次と2年次の演習科目です。演習を中心とする少人数の科目群では,本コース独自の教育方法に基づき,教員によるきめ細かな指導の下で,表面的な理解では到達できない深い水準で,企業経営の諸問題を洞察し創造的に解決する能力を培うことができます。また,高い倫理性を備えた高潔な精神を育むことも,こうした少人数教育の目的です。

留学生プログラムを受講する海外からの学生には,1年次の前半に集中的な日本語学習科目の受講を義務づけるとともに,1年次には留学生専用の演習を必修科目として提供しています。これらの留学生プログラム専用科目群は,日本人学生と共修となる専門科目(コア科目と選択科目)への円滑な適応と,高度なビジネスに対応した日本語能力の確実な定着を主眼としています。

以上のような体系的なプログラムを通じた学習の達成度を確認するために,商学研究科では,国際認証に対応したAoL(Assurance of Learning)に関する調査を,継続的に実施しています。その結果は,各科目の内容およびカリキュラム全体の改善に活用されています。また,本研究科では,独自のファカルティ・デベロップメント(FD)を定期的に開催しています。FDでは,全学生が受講する演習科目等の講義の実施・評価方法に関して,教員の経験を共有し,統一的な理解を深めています。

大学院商学研究科修士課程経営学修士コースアドミッションポリシー(入学者に関する受入れ方針)

一橋大学大学院商学研究科修士課程経営学修士コースでは,企業経営に関わる基本的な考え方を幅広く学習した上で,現実の世界で生じる問題について深く考察して創造的な解決策を提案するための思考力を養成していきます。濃密で負荷の高い学習が求められることから,入学にあたっては,企業経営や自らのキャリアに関する明確な問題意識とともに,高度な専門知識と分析能力を獲得する前提となる知的能力が不可欠となります。その知的能力の中心となるのは基礎的な思考力とコミュニケーション能力です。また,社会における様々な問題を解決する使命感と高い倫理性も不可欠です。

高度な専門能力をもった職業人の養成を使命とする本コースが受け入れる多様な人材は,大きく3つのグループに分けることができ,それぞれに求められる資質の重点が異なります。第1に,企業・団体での勤務経験が相当期間にわたる方々には,社会経験を通じて獲得した独自能力と深い問題意識が主に求められます。第2に,勤務経験が比較的短い方々や学部から直接入学する方々に対しては,高度な専門知識を獲得する前提として,言語・計数能力を中心とする高い学力と人間的な成熟度に重点が置かれます。第3に,日本語を母語としない外国出身の方々には,高度な学習内容を理解するための日本語能力とともに,異文化を自らの糧として昇華できる柔軟な対応能力が求められます。

これら3つのグループに対しては,求める資質に合った形式での入学試験を実施しています。千代田キャンパスで平日夜間と土曜日に開講する「経営管理プログラム」では,主として第1のグループを対象として,小論文,提出資料,口述試験を通じて,上述の点を中心に評価しています。国立キャンパスで昼間に開講する「経営分析プログラム」では,第2と第3のグループを主たる対象として,小論文と英語または数学から構成される記述試験,提出資料,口述試験を通じて,基礎的な学力・語学力はもとより,思考の深さや学びに対する姿勢等を評価しています。