花崎 正晴教授

企業金融、金融システム、コーポレート・ガバナンス

プロフィール

1979年に早稲田大学政経学部経済学科を卒業し、日本開発銀行に入行。同行設備投資研究所、在パリOECD経済統計局、在米ブルッキングス研究所、一橋大学経済研究所等を経て、2007年10月に日本政策投資銀行設備投資研究所長に就任。2012年3月末に同所長を退任し、2012年4月より現職にある。研究面では、企業の設備投資行動とそのファイナンスの問題を出発点として、近年には日本および東アジアを対象に、金融問題やコーポレート・ガバナンスに関する実証研究に取り組んでいる。とりわけ、リーマンショックに関連して金融システムや金融規制のあり方およびコーポレート・ガバナンスに関する制度改革が企業行動に及ぼす影響などが主たる関心事である。