町田 みどり准教授

アメリカ文学・アメリカ文化

プロフィール

1990年に東京大学大学院人文科学研究科英語英文学専攻博士課程を単位修得退学し、一橋大学社会学部講師を経て1996年より商学部講師、1998年より現職にある。その間、1999年から2001年にかけて、タフツ大学において在外研究に従事した。特に19世紀後半、消費社会における文化現象に焦点をおいて研究を行っている。最近の研究上の関心は、ジェンダー・セクシュアリティの文化表象にあり、文学や映像における周縁化されたセクシュアリティの修辞法をテクスト分析的に研究を行っている。