小川 英治教授

国際金融論

プロフィール

1986年に一橋大学大学院商学研究科博士後期課程を単位修得退学し、一橋大学商学部特別助手・専任講師・助教授を経て、1999年より現職にある。また、2011年より理事・副学長。その間、1986年から1988年にかけてハーバード大学にて、1992年から1993年にかけてカリフォルニア大学バークレー校にて、2000年9月に国際通貨基金にて、客員研究員として在外研究を行った。また、財務省関税・外国為替等審議会委員、日本銀行金融研究所顧問、財務省財務総合政策研究所特別研究官、経済産業研究所ファカルティ・フェローを併任している。最近の研究上の関心は、東アジアの地域通貨協力(特に、アジア通貨単位)及び欧州財政危機とユーロにある。