山下 裕子教授

マーケティング、流通論

プロフィール

1985年一橋大学社会学部卒業、1987年同商学研究科修士課程修了。1990年に一橋大学大学院商学研究科博士後期課程を単位修得の上退学。1990年Hochschule St.Gallen Post-Doctral Student,1991年Ifo-institut f?r Wirtschaftsforschung 客員研究員Wissenschaftszentrum Berlin 客員研究員,1993年一橋大学商学部専任講師、1993年Wissenschaftszentrum Berlin 客員研究員1997年一橋大学商学部助教授、2004-6年 プリンストン大学社会学部Visiting Fellow. 2007年より現職。現在の主要な研究活動は、日本企業のマーケティング力に関する実証研究である。特に、アジア市場の日本企業のマーケティングを中心に研究を進めている。2012年『日本企業のマーケティング力』(共著、有斐閣、近刊)。また、秋葉原の研究を軸とした商業集積、各国の流通制度、マーケティング制度の比較研究を中心に研究を展開している。2006年『ブランディング・イン・チャイナ』(編著、東洋経済新報社)。現在、総合地球環境学研究所プロジェクト「メガシティが地球環境に及ぼすインパクト」経営発展と環境問題との関係についての研究を行っている。