山内 弘隆教授

プロフィール

1985年に慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程を単位修得退学し、中京大学商学部、経済学部専任講師を経て、1991年4月より一橋大学商学部専任講師。98年より現職。この間、2001年~2002年メリーランド大学ロバート・スミス・ビジネススクールにて在外研究、2005年1月から2008年12月まで商学研究科長兼商学部長。最近の研究上の関心は、①交通、エネルギー、情報通信、放送等の産業分析、公的関与のあり方に関する政策分析。特にこの分野では、競争導入の成果や料金、価格規制を中心に研究を進めている。②インフラストラクチャー整備の民間参画と資金調達、費用負担のあり方問題。PFI/PPP等の手法の理論的検討および実践的研究。③観光分野における政策形成とその調査。