在学生及び卒業生の方へ

諸手続きについて(住所変更・休学等)
(在学中の商学研究科生のみに適用)

No. 事例 様式 対象 備考
修士 博士 研究生
1 住所が変わった 様式なし(備考参照) 商学研究科事務室に必ず来室し、下記必要書類を提出 1.住民票(役所発行の原本。コピー不可) 2.留学生は1と併せ、在留カードを持参 ※1がない場合は賃貸契約書の写しを提出
2 学生証をなくした、学生証の磁気異常 教務課大学院担当窓口にて対応 学生の責任による紛失・汚損の場合は、発行手数料2,000円がかかる。
3 氏名の一部に変更があった 改姓・改名届 戸籍抄本の原本を添えて、商学研究科事務室に提出。
4 休学する 休学願 休学開始日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出 【休学期間の書き方】 夏学期休学:4月1日~9月30日 冬学期休学:10月1日~3月31日(※年度によって異なる場合があるので、学年歴をよく確認すること)
5 復学する(休学期間満了前) 復学願 復学日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出
6 復学する(休学期間満了後) 書類不要 休学期間満了後、自動的に復学となる
7 休学を延長する 休学願(再提出) 休学満了日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出
8 退学する 退学願進路決定届(就職のため)、医師の診断書(病気のため) 退学日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出 【退学日の書き方】特別な事情がない場合は、3月31日(夏学期で退学の場合は9月30日)とする
9 留学する(休学しない場合) 留学願 留学開始日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出
10 留年する(単位不足など) 書類不要 「退学願」がない限り、次年度も在籍扱いとなる。
11 単位修得予定であるが、来年度も在学を希望する 在学許可申請書 単位修得者発表後、直ちに、商学研究科事務室に提出
12 単位修得済であるが、来年度も在学を希望する 在学許可申請書(再提出) 2月末日までに、商学研究科事務室に提出。次年度以降も在学を希望する場合は、毎年度提出すること。
13 在学期間を延長する(外国人研究生) 在学期間延長願 期間満了日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出
14 指導教員を変更する 演習指導教員・論文指導委員変更願 変更日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出
15 論文指導委員を変更する 演習指導教員・論文指導委員変更願 変更日の1ヶ月前までに、商学研究科事務室に提出

備考

  • (1) 記入の際は下記の点に注意してください。
  • プリントアウトの上、黒のボールペンで記入してください。ワープロで作成しても構いませんが、行を増やす、削除するなど、様式を改変したものは無効です。
  • 指導教員には自署捺印していただいてください。ただし、経営学修士コース1年生は、空欄で構いませんが、メールや口頭等で休学の旨を古典講読の担当教員およびMBAオフィスに伝えてください。
  • 「休学」「復学」「退学」「留学」の場合、保証人欄は必ずご記入ください。保証人は日本在住の方に限ります。
  • 「休学」「退学」「留学」の場合は、奨学金確認欄に学生支援課または国際課の確認印をもらった上で、商学研究科事務室へ提出してください。
  • (2) 「退学」「休学」は授業料が滞りなく支払われていることが許可の条件になります。授業料の支払いがない場合は、除籍となります。
  • (3) 3月、4月及び9月などの繁忙期は事務処理に通常よりお時間をいただく場合があります。