商学部について

卒業後の進路

研究者養成コースへの進学

研究者養成コースへの進学

一橋大学商学部・大学院商学研究科における教育の柱の一つが実業界への優秀な人材の提供であるとすると、もう一つの重要な柱は次世代の研究者の育成です。大学院商学研究科では、研究者養成コース(修士課程・博士後期課程)において、商学・経営学・会計学の研究者を精力的に育成しています。この研究者養成コースへの進学は、学部を卒業した後に進む、もう一つの高度専門職の経路となります。

【商学部の特色】の項でも記されているように、前身である高等商業学校から東京商科大学を経て現在に到るまで、一橋大学商学部・大学院商学研究科は、商学・経営学・会計学の領域で、わが国の中心的な研究機関としての役割を果たしてきました。
このような研究拠点としての実績と、学界をリードする研究者・指導者としての教員の資質を背景として、一橋大学商学部・大学院商学研究科は、商学・経営学・会計学の優れた研究者を長年にわたり送り出してきました。現在でも、本学はもとより、全国の国公私立大学や海外の大学において、商学研究科出身者が研究者として活躍しています。
研究者養成コースは原則として2年間の修士課程と3年間の博士後期課程から構成されています。したがって、研究者としての教育課程を修了するためには、学部卒業後、少なくとも5年の期間が必要とされます。この期間を終えると、大学で専任講師や助教、場合によっては准教授といった立場で、自立した研究者としての道を本格的に歩み始めることになります。
なお、商学研究科博士後期課程で教育を受けた人の大多数は、その研究能力が高く評価され、修了から短期間のうちに、各地の大学で研究・教育職に就いています。