商学部について

商学部の特色

ビジネス教育の殿堂

ビジネス教育の殿堂

一橋大学の歴史は、1875(明治8)年に東京・銀座に開設された「商法講習所」にまで遡ります。「商法」とは「商いの方法」という意味です。森有礼(後の初代文部大臣)や渋沢栄一(日本近代資本主義の父)といった明治期に近代日本の礎を築いた人たちが「これから経済発展を遂げようとする日本経済にとって、企業経営・商業・企業環境 を体系的に学ぶことが重要だ」と考えて、今で言うビジネス・スクールとして設立したのが商法講習所でした。

その後、商法講習所は東京商業学校→高等商業学校→東京高等商業学校と名称を変え、1920(大正9)年には東京商科大学(日本で最初の官立(国立)単科大学)となりました。その間、ずっと『商』という字を看板に掲げてきました。

戦後になって、1949(昭和24)年に東京商科大学が現在の一橋大学となっていくつかの学部に分かれたとき、商法講習所以来の商学・経営学の伝統を引き継いだのが私たち商学部です。以来、一橋大学商学部は日本を代表する商学・経営学のアカデミアとして、発展を続けてきました。