English
 高岡浩一郎 (Koichiro TAKAOKA)
 

確率論および数理ファイナンスに関する教育・研究を行っています。

【略歴】
 1971 年2月東京都生まれ。1993 年東京大学理学部数学科卒。同大学大学院数理科学研究科修士課程修了後、1995 年東京工業大学理学部助手。1998 年に一橋大学へ移り、現在、大学院商学研究科教授。
博士(数理科学)。

 担当講義

 研究業績

 微積や確率論の豆知識コーナー

 リンク

 フランス留学記
 

 拙著『確率・統計らくらくワークブック』(藤田岳彦氏との共著、講談社サイエンティフィク社)第1刷の誤植リストはこちらです(2005/5/23 更新)。 なお、2006 年4月に第2刷が出ました。2刷では、この誤植リストの内容はすべて修正されています。


研究集会「数理ファイナンスとその周辺」が 2012/1/28(土)午前〜1/29(日)夕方 に東北大学(川内キャンパス)経済学研究科第3講義室で開催されました。プログラムはこちら。 参加者数は30名でした。互いに活発な議論や密な交流を持つことができました。講演者をはじめ、参加者の皆様に心から御礼申し上げます。
 なお、過去5回のプログラムは以下のとおりです。
 2011/1/27〜1/28 (於 東大・本郷キャンパス小島ホール)
 2010/1/21〜1/22 (於 名大ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)
 2009/1/22〜1/23 (於 九大・西新プラザ)
 2008/1/24〜1/25 (於 東大・駒場キャンパス)
 2006/1/25〜1/27 (於 一橋大・国立キャンパス)


本学の数学系教員が企画して年に1回のペースで、数学全般についてや幾何学・確率論・数理ファイナンスなど絞ったテーマについて、国立キャンパスで研究会 "Kunitachi One-Day Symposium" を開いています。 前回は 2014年2月5日(水)に、Kunitachi One-Day Symposium on Applied Mathematics and Related Topics を開催しました。プログラムはこちら。
 また、過去のプログラムは次の通りです。
 2012/2/4 (数理科学全般)
 2011/1/29 (数値解析および関連する話題)
 2010/7/24 (数理ファイナンス)
 2008/7/19 (微分幾何学)
 2007/3/22 (理科・数学)
 2005/7/9 (幾何解析)
 2004/9/25 (数理ファイナンス)
 2004/1/16 (確率論とその応用)
 2003/7/19 (数理科学全般)



【連絡先】
〒 186-8601 東京都国立市中2−1
一橋大学大学院商学研究科
E-mail: k.takaoka■r.hit-u.ac.jp 【■はアットマークです】

 

Last updated on April 6, 2015