商学部長の挨拶

商学部長の挨拶

1875年(明治8年)、「商法」(商業の「方法・手法」)を学ぶ場として「商法講習所」が、東京の銀座尾張町に開設されました。渋沢栄一や森有礼など、明治期に日本社会のアーキテクチャー(基本設計) を創造した人々が、「これから経済発展を遂げようとする日本経済にとって、企業経営・商業・企業環境を体系的に学ぶことが重要である」という認識の下に、現在で言うビジネス・スクールとして本学を設立したのです。一橋大学商学部は、この「商法講習所」の伝統を脈々と継承しながら、日本の経済社会を内側からダイナミックに駆動する人材を輩出し、また実学をベースとしながら深い学問へと昇華する活動に従事してきました。

設立からすでに140年余りが過ぎようとしていますが、一橋大学商学部はこれまで同様に、この重要な使命を果たすべく日々努力を重ねてきています。情報技術の発達や国際分業の進展、科学技術と産業界の密接な結びつき、制度や規制の国際的調和など、今日の産業社会は複雑化し、高度に知識社会化し、ますます将来を見通すことが難しくなってきています。このような複雑化・不確実化が進み変動が激しくなっている世界の中で、わが国の経済が発展し、またアジアや世界経済の発展に貢献していくためには、熱い使命感のみならず、客観的な分析力と深い思考力を兼ね備えた人材が必要です。一橋大学商学部は、未解決の問題に取り組み、世界経済の発展に貢献しようという熱い使命感をもつ人々に対して、冷徹な分析力と深い思考力を重視した教育を提供しています。経済社会を内側からエネルギッシュに駆動しつつ、長期的な視点をもち世界の本質を見失わない人材を育成することが一橋大学商学部の目標です。また、そのような人々に提供する知識を常に新たに生み出すための研究を活発に行っています。複雑化する知識社会の中で、その本質を解明する高度な研究と、その研究成果を基盤に置いた高度な教育を両輪として回して、日本と世界に貢献していくことこそが一橋大学商学部の使命なのです。

一橋大学商学部では、経営学・会計学・金融論・マーケティングなどの領域で、高い専門性を身につけると同時に、一生涯を通じて深く思考しながら生きていく上で不可欠な深い教養を身につけるためのカリキュラムが用意されています。特に重視しているのが、少人数のゼミナール教育です。大学入学直後から4年の卒業時まで何らかのゼミナールに所属して、優れた講師陣と少人数の学生が直接対話を繰り返すことで、「経済社会に関して深く思考するということはどういうことか」を身体にしみこませていきます。現実的な問題と抽象的な理論との往復運動を何度も繰り返しながら、学生たちは、自分で課題を発見し自分でものを考える力を身につけていきます。まじめに4年間を費やした学生たちの成長は素晴らしく、驚くほど高水準の思考力を身につけて卒業していきます。なお、成績優秀層には、学部4年間とプラス1年間の追加で、学士号と修士号を取得できる5年一貫プログラムも用意されています。また2013年度からはグローバル人材の養成を目指した渋澤スカラーシッププログラム(SSP)を開設しています。このプログラムでは、グローバルに活躍するビジネス・パーソンに必要とされる能力やマインドセット、コミュニケーション・スキルを備えた人材の育成を目指しています。

一橋大学商学部は、優れた研究者であると同時に優れた教育者でもある人材を集めると共に、その人が常に新しい知識を生産する高度な研究に取り組める環境を提供しています。一橋大学商学部にとって、このような高度な研究に従事して、新しい知識を生産し続けることは、それ自体でも日本と世界に対する貢献になりますし、またその新しい知見を通じて人材育成も活性化されることになります。その意味で、この研究活動とそれを遂行する能力こそが、一橋大学商学部のコア・ケイパビリティであると言っても過言ではありません。どのように教養的に見える学問も、実は非常に高度なテクニックやスキルに支えられている側面があります。同様に、一見、スキルやテクニックのように見える学問にも、きわめて高度な教養的側面があります。商学や経営学の領域は、中身を知らない人たちからは、ビジネスのための手段であり、スキルやテクニックの体系のように思われるかもしれません。しかし、われわれ一橋大学商学部は、ビジネスの方法とともに、その背後にある思想や哲学といったものを研究対象とし、それをさまざまな教育の場で学生に還元することを常に心がけています。われわれが目指す人材は、すぐに役立つ知識のみを追求する近視眼的な合理主義者ではなく、冷徹な深い洞察力と熱い心、高い志をもって、世界の荒波の中で経済社会と企業を適切な方向に導く指導者、つまりCaptains of Industryなのです。

2018年6月
一橋大学 商学部長
蜂谷 豊彦