ミッション

We foster captains of industry who create value for business and serve communities in Asia.商学部では、高質な教育プログラムを提供することを目指して、ミッション・ステイトメント(以下、MS)を定めました。
これは学生と教職員がともに目指すべき価値観を表明したものです。

MSの3つの要素

このMSは、Leadership、Innovation、Integrityという3つの要素から構成されています。商学部の授業やゼミは、この3要素を実現するために設定されています。

Leadership

Innovation

Integrity

MSの「foster captains of industry」はLeadershipを、「create value for business」はInnovationを、「serve communities」はIntegrityを意味しています。商学部の授業やゼミは、この3要素を実現するために提供されています。3要素のより詳しい意味は、次の通りです。

LEADERSHIPfoster captains of industry

To educate leaders with insightful knowledge and effective communication skills.

洞察ある知識と効果的なコミュニケーション・スキルを併せ持つリーダーを育成する。

INNOVATIONcreate value for business

To develop professionals with creativity and advanced professional skills.

創造性と高度な専門的スキルを併せ持つプロフェッショナルを育成する。

INTEGRITYserve communities

To foster community-minded citizens who think beyond themselves and apply global perspectives.

他者を思いやりグローバルな視野を持つコミュニティ志向の市民を育成する。

商学部の伝統とMS

このMSは、商学部の教育プログラムの伝統に基づいています。イギリスの思想家・歴史家であるトマス・カーライル(1795~1881)の著作に由来するキャプテンズ・オブ・インダストリーの育成は、東京高等商業学校以来、本学にとって重要なスローガンです。これは私たちのミッション・ステイトメントのLeadershipに対応します。また、「日本資本主義の父」と言われ、本学の設立と発展に多大な貢献をした渋沢栄一(1840~1931)は、『論語と算盤』において営利活動と倫理・道徳の両立を説いています。営利活動の原動力となるのがInnovationであり、Integrityは倫理・道徳の核心です。すなわち、商学部のミッション・ステイトメントは、
「論語(Integrity)と算盤(Innovation)を両立できるキャプテンズ・オブ・インダストリー(Leadership)を育成する」と言い換えることができるでしょう。