オープンキャンパス(2019年度)

2019/07/30

活動報告

2018年度オープンキャンパス 2019年7月28日(日)開催

当日は蒸し暑い一日となりましたが、心配されていた台風の影響もなく、無事開催することができました。全国各地から数多くの中高生ならびに保護者の皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

20190728_zentai.jpg商学部説明会では、まず、田中一弘商学部長による挨拶が行われ、一橋大学商学部の伝統、商学部のディプロマポリシーでもある「強い実践志向」と「高い国際性」の意味、企業活動という現実に着眼する商学の視座について話がありました。

次に、熊本方雄教授が、商学部における教育の特徴として、強い実践志向と高い国際性を重視する商学部は、1年生から4年生まで少人数のゼミナールに所属する「4年一貫ゼミ制度」や、国際的に活躍する人材を養成する「渋沢スカラープログラム」を積極的に展開していることを紹介しました。さらに、卒業後の就職状況が良好であること、学部入学から5年間で修士号を修得できる「5年一貫コース」なども紹介されました。

続いて、島本実教授による模擬講義が行われました。島本教授は、経営戦略の話として、各企業には「市場ポジション」に応じた定跡があることをインスタント食品市場やファーストフード業界を題材に、会場から多くの笑いを誘いながら、わかりやすく講義しました。また、経営組織の話として、組織心理学の実験結果に基づき、人間は往々にして他者の意見に同調したり服従したりする場合があることが講義されました。商学部では、ビジネスとの関りを切り口にして経済学、社会学、心理学、歴史学、倫理学など幅広い隣接分野に知的好奇心を広げていけることが紹介できたと思います。

20190728_kobetsu.jpg最後に、上原渉准教授による司会のもと、商学部生によるパネルディスカッションを行いました。なぜ一橋大学商学部を目指すようになったのか、高校時代に一体どのような勉強をしていたのか、入学後にどういった学びをしているのか、卒業後にはどの道に進みたいと考えているのか、といった点について、現役学生が率直な意見を様々に交わしました。また、パネルディスカッションの後には商学部生による個別質問・相談会も開かれました。

当日の模様については動画にて配信する予定ですので、以下のウェブサイト(HitotsubashiChannel)をご参照下さい。是非とも多くの皆様に一橋大学商学部に関する理解を深めていただけましたら幸いです。
https://www.youtube.com/user/HitotsubashiChannel/videos

【商学部説明】

(第1回)  9:00~10:20/ (第2回) 11:00~12:20
(第3回) 13:55~15:15/(第4回) 15:55~17:15

開催場所:西キャンパス 本館21番教室  [映像配信]20、26番教室

【内容】

■商学部長挨拶

20190728_tanaka1.jpg20190728_tanaka.jpg  商学部長 田中 一弘


■商学部の概要と特徴

20190728_kumamoto1.jpg20190728_kumamoto.jpg  大学院経営管理研究科教授 熊本 方雄


■模擬講義

20190728_shimamoto1.jpg20190728_shimamoto.jpg  大学院経営管理研究科教授  島本 実


■学生によるパネル討論

20190728_gakusei1.jpg  商学部およびMBA5年一貫コース 現役学生

  モデレータ:大学院経営管理研究科准教授 上原 渉

20190728_gakusei2.jpg